前日は約4時間にかけて、炎天下の中木を

 前日は約4時間にかけて、炎天下の中木を下回る操作を通していました。木は、くすの木だ。こういうくすの木枝が随分別れていました。でも念入りに弟が上で切ってくれていました。木を下回るは、イコール、木の枝葉が落ちるということになります。落ちた木の枝は在宅の地面を含めて、みっつの地面に散らばりながら落ちました。その散らばった枝葉を弟といった身で、在宅の敷地内に引きずり込んだりしました。ただ、毎日殆ど手伝わない身が操作に加わったので、「短く操作を片付けることができたわ。一人ではこれだけ、短い時間でできてなかったわ。」とも言っていました。標準、ひとりであれば、一年中で止めるような操作ではなかっただろうと身確信も感じました。ただ、木の枝を軍手をはめてではありますが、折っていた近辺、木もそのまま、折られ積み重ねるという感じではなく、反撃されました。
まんこが黒い
なので親指に軽々しい青タンができたりしました。その青たんは一気に治ったのでよかったです。スタミナ消耗や傷も一部分ありましたが、一気に直る体でよかったです。

水道水も何も気にせずに飲んで仕舞う奴だ。ひどく

水道水も何も気にせずに飲んで仕舞う奴だ。
ひどく水に気を遣ってあるお客様もいますが、僕はさほど水のことを気にせずに飲んで仕舞う奴だ。

惜しくも水のことを考えた方がいいのかもしれませんが、水を飲んでお腹がおかしくなったり、体を崩したりしたこともありません。
たいして水道水も何でも飲めてしまうものです。
推薦をすることはありませんが、どうしても飲み水に関して不安になることもないのかなと思います。

今は住まいには浄水容器があるので、浄水容器で飲み込むようになりました。
水道水の水を呑むは家でも外側もそれほど無くなったような気がします。
デリケートゾーン臭い

綺麗な水を飲める状態が日本には整っているので、飲み水のことを意識することは僕はほとんどありません。

このまま飲み水に関しまして参ることがなければいいです。
たまには水を買ってみたり、水のことにキモチを高めたりもしたいだ。
基本的には全面的に頼りをしているので、飲み水についてとらわれることはないんだろうなと思っています。